第23回定期演奏会おかげさまで盛会にて終了いたしました。

終わりました!!! とっても名残惜しいですが、終わりました。大盛会、大成功です!!!

本日までのご協力応援本当にありがとうございました。

 

お運びくださったお客様、ソリストのみなさん、保護者のみなさん、オケメンバーのみなさん、先生方、裏方スタッフのみなさん、全員に深く深く(詩乃ちゃんのように・・・)御礼申し上げます。


開演前は広島ジュニアオーケストラがお客様をお出迎えいたします。ほぼ恒例になって参りました。中学生以上は全員ステージほか裏方手伝いもします!いつもながら、様々なご協力本当にありがとうございます。


今回は尾道から、市民活動の分野でなにかとコラボさせていただいております「リアカーゴ」さんに出店いただきました。何分売上が予想できないので、申し訳ないようでしたが、おかげさまで大好評!!!

 

休憩時には、既に売り切れも多数・・・売るものがないので、クローズになりました。

おおっぴらに撮影はできませんでしたが・・・ヴァイオリン・ハチャトリアンのヴァイオリン協奏曲、華やかなドレスで堂々たる演奏、ほか全員、能力全開に渾身の演奏をしました。今回小学生男の子2名、中学生女の子1名、高校生男子に女子、大学生男子2名に卒業生男女3名と・・・バライティに?富んだ顔ぶれで、曲目も古典あり、ロマンあり、近代あり、現代あり、そして楽器は4種類・・・非常に多彩なプログラムで、お客様にも飽きることなく聴いていただけたかと思います。

このとおりの満席御礼となりました。心配されていた立見も最小限で、(とはいえ立っていただいた方申し訳ありませんでした)後半はまずまずに落ち着きました。ただ・・・私実行委員長の認識不足で、会場整備がやや不備・・・お客様に入っていただくタイミングの管理が甘くて、ご迷惑おかけした面があったようでした。大変申し訳ありませんでした。お忙しい中、夏休み最後で何かと気忙しい中、雨模様でお足下の悪い中ご来場いただきまして、本当にありがとうございました。

今回のソリストと指揮の伊藤氏、監督のコジマで記念撮影☆

新生コジマムジカコレギアでしたが、伊藤氏の若いパワーと素晴らしいお人柄、オケメンバーの努力、もちろんソリストの半年以上にわたる練習に保護者のみなさまの我が子への愛、仲間との友情、音楽への献身、さまざまな「善き心」に支えられたおかげさまの回、裏方代表人の私も感無量です。


一応、20年前の師弟関係です。「リズムは腹で感じろ」そんな一言が記憶に残っていると、話されていました。本当に嬉しい再会でした。

 

わずか2時間半のために、何十人もが最大限の「心」を持ち寄る・・・そのオーラを少しばかりお伝えできたかと思います。

 

鳴り止まない拍手、温かい温かい会場でした。

 

ありがとうございました!!!